全日病ニュース

ホーム > 全日病ニュース(2016年) > 第889回/2017年3月1日号 ヘッドライン

『全日病ニュース』は全日本病院協会が毎月1日と15日に発行する機関紙です。
※注 一般ページでは1ヶ月前の紙面までご覧頂けます。最新号から1ヵ月前の号につきましてはヘッドラインのみご覧頂けます。
※注 会員専用ページは最新号およびバックナンバーがご覧頂けます。 会員ページ

第889回/2017年3月1日号 ヘッドライン

<厚労省・医療計画検討会>
地域医療構想による在宅医療等の新たな需要を議論
「公的病院中心の連携はモデルとして適切ではない」との指摘相次ぐ
<中医協総会>
遠隔診療のサービス提供モデルの評価を今後検討
外来医療を総論的に議論
<中医協・DPC 分科会>
基礎係数Ⅲ群を細分化し、医療機能で評価
機能評価係数Ⅱの重み付け変更を検討
<中医協総会・薬価専門部会>
オプジーボなどの最適使用推進ガイドラインを承認
PD-L1発現率1%未満では投与理由記載
<中医協・費用対効果評価専門部会>
費用対効果評価の仕組みの制度化を議論
夏に一定の結論まとめる
<患者申出療養評価会議>
第2例目は植込み型補助人工心臓による長期在宅治療
大阪大学医学部附属病院が実施
<厚生労働省が通知>
地域医療連携推進法人制度の内容・運用を示す
参加法人間の転院は入院期間の「特別の関係」に該当せず
<レセプト情報に関する有識者会議>
第2回NDB オープンデータを6月以降に公表
オンサイトセンターの第三者利用も準備
<厚生労働省>
介護保険法等の一部を改正する法律案を国会に提出
介護療養病床の受け皿として「介護医療院」を創設
<厚労省・在宅医療WG>
在宅医療専門診療所のモデル化に反対
地域の取組みをヒアリング
<厚労省・推進専門委員会>
健康日本21(第二次)の中間評価の方法を議論
2018年夏を目途に53項目の目標の達成状況を評価
がん対策など重点事項を説明
厚生労働省が健康関係課長会議を開く
<厚労省・働き方ビジョン検討会>
医師の働き方めぐり構成員が意見発表
尾身構成員が医師偏在対策に理解求める
<働き方改革実現会議>
時間外労働に年間720時間の上限規制を検討
医療現場に深刻な影響が出る恐れ
<日本専門医機構>
東京など5都府県の専攻医の募集定員に上限を設定
運用細則の決定に向け議論進む
<厚労省・臨床研修部会>
多くの都道府県で研修医の募集定員が減少
東京は21人、大阪は8人減、実績からの減少はなし