全日病ニュース

ホーム > 全日病ニュース(2016年) > 第886回/2017年1月1日・15日合併号 HTML版

『全日病ニュース』は全日本病院協会が毎月1日と15日に発行する機関紙です。
※注 一般ページでは1ヶ月前の紙面までご覧頂けます。最新号から1ヵ月前の号につきましてはヘッドラインのみご覧頂けます。
※注 会員専用ページは最新号およびバックナンバーがご覧頂けます。 会員ページ

第886回/2017年1月1日・15日合併号 HTML版

年頭の挨拶
公益社団法人全日本病院協会会長 西澤寬俊
2017年 年頭所感
厚生労働大臣 塩崎恭久
日本医師会会長 横倉義武
2017年 新年のご挨拶
副会長 猪口雄二
副会長 安藤高朗
副会長 神野正博
副会長 織田正道
副会長 美原 盤
<4大臣会合>
薬価調査を毎年実施、かい離率の高い品目に限って改定
薬価制度抜本改革の基本方針で合意
<政府・与党>
2017年度税制改正大綱を決定
2017年 謹賀新年
全日本病院協会 常任理事
<厚労省・医療部会>
医療機関の管理者権限の明記で反対意見
議論の進め方が乱暴
<新春座談会 変革期の医療政策を語る>
神田医政局長「 在宅医療の整備では療養病床が転換した後施設も現実的選択肢」
西澤会長「 地域医療構想の調整会議はすべての病院が集まる場に」
<新春座談会 変革期の医療政策を語る>
西澤会長「 医療事故調査制度は医療提供側が自律的・自主的に取組むべきもの」
神田医政局長「 医師偏在対策の必要性ではコンセンサスができた」
<四病院団体協議会 会長座談会>
将来の医療需要を見込んで調整会議で地域の医療を話し合う
地域包括ケアシステムにおける病院の役割を明確に
<四病院団体協議会 会長座談会>
勤務医と開業医を分けて医師需給を議論すべき時期がきている
薬価の毎年改定をすれば薬剤費は高止まりに
<厚労省・医療保険部会>
医療保険部会が意見とりまとめ。医療区分Ⅱ・Ⅲにも居住費負担求める
<厚労省・介護保険部会>
3割負担導入は容認の方向。介護保険制度改正で部会意見
<2017年度介護報酬改定>
介護給付費分科会が処遇改善加算見直し方針で合意
<厚労省・働き方ビジョン検討会>
構成員が様々な医師偏在対策を提案
1月に医師勤務実態調査を報告
<日本専門医機構>
専門医制度新整備指針を承認
地域医療への配慮を明記