病院支援事業

ホーム > 病院支援事業 > MEDI-TARGET (DPC分析事業)
MEDI-TARGET (DPC分析事業)

1. MEDI-TARGETとは

 病院経営の効率化と医療の質向上の観点から、診療情報を可視化し、院内様々な部門や立場に応じた統計資料の作成、課題の抽出、解決策の検討を可能とする病院情報分析システムです。

 急性期病院に広がる診断群分類(DPC)別包括支払方式においては、経営の効率化と医療の質向上の両立に向けた取り組みが重要です。改善のための分析は、院内それぞれの部門や立場によって見る視点が異なり、必要な情報も異なります。MEDI-TARGETは、DPC調査データをはじめとする病院の診療データを可視化し、それぞれの視点に応じた課題の抽出、情報の共有化、解決策の検討をサポートします。

2. 特徴・機能紹介

3. 参加申込みについて

4. オプションサービス

5. 医療の質の評価・公表等推進事業

 全日本病院協会では、医療の透明性、質の確保において、臨床指標を用いた評価が重要と考えております。2002年より主要24疾患に関する臨床指標と、病院全体の指標として転倒・院内感染症・抑制の3指標について、会員病院が自発的に参加してデータを収集・分析しホームページで公開するとともに、参加病院にデータを還元して継続的改善に資する診療アウトカム評価事業を実施してきました。
 MEDI-TARGET参加病院は、当事業へ無料でご参加いただくことが可能です。詳細は下記よりご確認ください。

6. 研修会等について

 全日本病院協会DPC分析事業では、事業参加病院を対象に操作説明会を、事業参加を検討されている病院を対象に無料体験会を実施しております。また、「医療の質評価・公表等推進事業」に関わる研修会も実施しております。ご案内は下記よりご確認ください。

7. 問い合わせ先

公益社団法人 全日本病院協会 事務局(DPC担当)
東京都千代田区猿楽町2-8-8 住友不動産猿楽町ビル7F
TEL:03-5283-7441 FAX:03-5283-7444
E-mail:dpc@ajha.or.jp