全日病について

ホーム > 全日病について > 会長の挨拶
会長の挨拶

 全日本病院協会(全日病)は、昭和35年に民間病院を主体とした全国組織として設立、昭和37年9月に社団法人として認可、そして平成25年4月に公益社団法人として認定され、現在、約2440病院が加入しております。
 全日病では、「関係者との信頼関係に基づいて、病院経営の質の向上に努め、良質、効率的かつ組織的な医療の提供を通して、社会の健康および福祉の増進を図ることを使命とする」という理念のもと、「国民に安心・安全で質の高い医療を医療人が誇りと達成感を持って提供できるような環境整備を行う」という基本的考え方を実現するために、各委員会を中心に活動を行っております。

 さて、高齢社会がピークに達する2025 年を見据え、国は社会保障と税一体改革を進めています。平成26年6月には、「地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律」が成立し、医療・介護の提供体制の見直しに関する様々な施策が今後実行されます。
 一方で、国民・患者は安全で質が高く、地域格差のない医療提供と情報提供を望んでおり、更には今後の負担増にも懸念を抱いております。
 このような環境の中、地域医療を守る立場である我々に課せられた責任は非常に重いものであると考えています。全日病は、その責任を果たすべく、望ましい医療提供体制の構築に向けての活動を続けてまいります。
 我々が医療提供体制の本来あるべき姿と考える良い提案を行ったとしても、国民・患者の理解をいただかなければ実現することはできません。そのためには、数多くの医療現場の実情を示したデータに基づく提案を行う必要があります。是非とも我が国の全ての病院に全日病に加入していただき、国民・患者と会員の要望を具現化する活動を進めたいと考えております。


 全日病の活動をご理解いただき、ご入会いただきますよう心よりお願い申し上げます。

公益社団法人全日本病院協会会長 西澤寛俊